トップページ | アメリカのどこかです。 »

2005/05/22

歯医者との果てしなき戦い・・・(1)

アメリカで歯医者に行ったんです。

初めて行ったのがアメリカに来て3年ほど経った去年(2004年)の暮れ。

渡米する直前、日本の歯医者さんに見てもらって、左下の親知らずが横向きに生えて手前の奥歯を圧迫し、虫歯になりやすい状態であることは知っていました。

日本の歯医者、北村先生の意見:「奥歯は今のところ虫歯になっていないので、親知らずは無理に抜かずに、このまま様子を見ましょう。定期検診に通ってください。」

この「定期検診」がキーワードだったんですね~、実は。。。

しかし、異国で医者、しかも歯医者に行くと言う行為が億劫で ついついほったらかしてしまったんですね~。

もし親知らず抜くぞ~なんて言われたら恐怖だもんね~

しかし去年の暮れから異変が。。。

冷たい水が歯にシミル~!!

観念して歯医者に診てもらうことにしました。

そこからが長い戦いの始まりだったんですね~、今から思えば。。。(続く)

*メモ:親知らず=英語ではWisdom tooth

|

トップページ | アメリカのどこかです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者との果てしなき戦い・・・(1):

トップページ | アメリカのどこかです。 »