« 一時帰国 高速道路は高かった。 | トップページ | Ricoh 500 »

2005/07/19

歯医者との果てしなき戦い・・・(5)

ついに来ました手術の日。

まずは麻酔薬の量を決めるために体重を聞かれたが。。。
えと?何ポンドだっけ?

そうなんです、先日も書きましたがこの国は未だにポンドなんです。
スペースシャトル飛ばしてる国がインチにポンドですぜ?

だから・・・どう、とはいいませんが、、、

なもんで、とっさに答えられず、量ってくれとお願いしました。
麻酔の量が不適切でそのまま え~えんにオネンネなんてやですからね。

体重を量ってもらい、そのまま手術室へ
手術室といってもふつうの部屋です。

「ところで付き添いの人は?」と看護婦さんが聞く
「へ?さっき送ってきてくれてそのまま帰りましたけど?」
「送り迎えだけじゃなくて付き添ってもらう必要があるんですが・・・」
「あ、そうだったの?じゃ呼び戻しますね~」とヨメに電話。

ヨメが戻ってきたところでいざ開始。。

いわゆる歯医者さんの椅子の上に仰向けになり、手の甲に点滴をされ、鼻には酸素吸入のチューブをつけられ、「じゃ、薬入れますね~眠くなりますよ~」
と、看護婦さんの声、点滴に麻酔を注入・・・・

あ~、目が回る~、意識が・・・ん、が、、

「はい、終わりましたよ~」
気づけば、チューブと点滴を外したところ
「え?終わった?!」
しかし、まだふらふらする。

そのまま車椅子に乗せられ、玄関へ。
ふらふらと助手席に乗り込んで、自宅へ向かう。

親知らずのあったところは、なにやら綿が詰めてある。
たしかに歯が無くなってる。
しかし、な~んも 覚えてない。

実は手術の時間はわずか、20分。
鮮やかです。

帰宅途中の車内で私は「すごい、すごい。」と何度も繰り返していたそうです。

いや~直ぐに抜きたがる訳だわ・・・
歯を抜くならアメリカですな。

「すごい。」

|

« 一時帰国 高速道路は高かった。 | トップページ | Ricoh 500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者との果てしなき戦い・・・(5):

« 一時帰国 高速道路は高かった。 | トップページ | Ricoh 500 »