« CMA アワード2005 | トップページ | ドイツで×××する50の方法 »

2005/11/17

CMA アワードショー

昨夜(11月15日)CMAアワードショーがNYで開催されました。
ショーはCBSでTV中継されたのですがナッシュビル地域はあいにく大荒れの天候
中継の時間帯の午後7時~10時の間トルネードワーニング(竜巻警報)が連発されて
中継そのものもかなり見づらい状態になってしまいました。(日本の地震情報のような感じで割り込んできます)
実際ナッシュビル近郊を竜巻が襲ったようで、例年通りナッシュビルで開催されていたら大変なことになっていたのではないでしょうか?
カントリー界の超大物スターたちが一斉に居なくなったので竜巻が来たとも言えますが。。。
今回のショーの見物はNYだけにポップス界からの大物ゲスト。
ポール・サイモン、ノラ・ジョーンズとウイリー・ネルソンの共演でサイモンの名曲Still Crazy After All These Yearsを。
ドリー・パートンとエルトン・ジョンの共演でImagineを演奏しました。
しかしカントリー歌手の実力がポップス歌手と比べレベルが高いと言うことがこういうときにはっきりとわかります。
ウイリーに比べポール・サイモンは声が全然出ないし。エルトン・ジョンもドリーの前では単なるピアノのおじさん。
ノラ・ジョーンズは分を弁えてか伴奏のみ。
出演者は例年に比べ、メークも服装も洗練された感じになってました。
これはNYのスタイリスト、メークアップアーティストのなせる技か?
そういえばアラン・ジャクソンもなぜかクラプトンの名曲Wonderful Tonightを歌ってたけどNYを意識してか?
アワードは
キース・アーバンがエンターテイナーオブザイヤーを受賞。やるね~この色男。
注目のホライゾンアワードは *Dierks Bentley(私的には シュガーランドに期待してましたが)
女性陣では
リーアンウォマックがシングルオブザイヤーとアルバムオブザイヤーを受賞
グレッチェン・ウィルソンがフィーメルボーカリストといったところでした。
リーアンにヨメが勝手に付けた彼女のニックネームは”緑のね~ちゃん”ですが今回も緑のドレスで登場してました。
AKUS関連ではウイスキーララバイがソングオブザイヤー
ジェリーダグラスがミュージシャンオブザイヤー
というところでした。
*最初ラスカルフラッツと書きましたが彼らはボーカルグループオブザイヤーでした。訂正します。

|

« CMA アワード2005 | トップページ | ドイツで×××する50の方法 »

コメント

コメントを書くところは、ここで良かったっけね?などと、たまに書き込む私は、とまどってしまった(笑)。さて、流石にケンタッキー住まいのたいちょ〜さんだけに、リアルタイムで映像から情報を得られ、かつ楽しまれている様子がうかがえます。これで帰国したら、アメリカでつちかった音楽文化の欠如状態となり、情緒不安定になるかな?私の方は、今朝ほど「ブナの森写真サイト」が復活してホッとしています。オーディオではサラウンド・プロセッサ内蔵AVアンプが配達されます。旧プロセッサはまだ使えるが、ランプ表示切れのため、無用のアンプが沢山入っているものを選ばざるを得ない。

投稿: シロフクロウ | 2005/11/17 11:57

こんにちは
そうなんですよ。帰国するのが怖いです。
情報は入らなくなるし、音楽を聴くにも日本の自宅だと充分な音量を出せないし。

新しいサラウンド・プロセッサの調子はいかがでしょうか?
また音場プログラムを一からやり直しでしょうか?
想像すると、大変なような楽しいような・・・・・。。

投稿: たいちょ~ | 2005/11/18 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CMA アワードショー:

« CMA アワード2005 | トップページ | ドイツで×××する50の方法 »