« 歯医者との果てしなき戦い・・・(11) | トップページ | Henry Ford Museum ヘンリーフォードミュージーアム »

2006/05/01

歯医者との果てしなき戦い・・・(12)

さて、ドクター・ポーターのところからクラウン(被せ物)が出来たと連絡が入ったのは2週間後。

その間、治療中の歯で噛まないように注意するのが大変でした。
え~かげんにしろよ~と電話しようかと思った矢先に電話があったのでした。

ドクターのところへ行くと、早速クラウンを被せてくれます。
今回は奥歯なので目立たないから金歯がいいよ~というお薦めで、金のクラウンです。

はめてもらったあと噛み合わせをみます。
「どう?」と先生。
「ちょっと高い感じ」と私。

そしたら先生削ってくれます。
金歯・・・じゃなくて金歯の相手に当たる健康な歯を・・・!

普通、金歯を削るでしょうが!!
あいた口がふさがらん、いや治療中なのでもともと口開いてる。従って何も言えんし・・・ 後の祭り。

ということで、なが~い、なが~い歯の治療はついに終わったのでした。

アメリカの医療システムが良くわかったような、わからんような。。。。

(おしまい)

|

« 歯医者との果てしなき戦い・・・(11) | トップページ | Henry Ford Museum ヘンリーフォードミュージーアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者との果てしなき戦い・・・(12):

« 歯医者との果てしなき戦い・・・(11) | トップページ | Henry Ford Museum ヘンリーフォードミュージーアム »