« アメリカンアイドルとナッシュビルスター | トップページ | BLACK CLOUD »

2006/05/21

Taking The Long Way - Dixie Chicks

ディキシーチックスの新譜 Taking The Long Way、SONY Musicのサイトで注文しておいたら、発売日より3日も早く、今日届いていた。
早速聴いてみた。

第一印象は、なんだろうな~
今までのような明快な方向性が見えない。

全ての曲が彼女たちの手によるものですが
相当悩んだようです。
音作りもなんだかいろんな楽器を使っていてちょっと騒々しい面も。
命の危険まで感じたというあの騒動で彼女たちは成長しつつある。そう未だ成長中。

Taking the long way but still thinking.....

Takingthelongway

|

« アメリカンアイドルとナッシュビルスター | トップページ | BLACK CLOUD »

コメント

早くも新譜レビューですねっ。
わたくしめも予約しましたぞよっ。とはいえ、あめりかん・ぱい(楽天)なので、来月に食い込みそうな嫌な予感が致します。
試行錯誤の音なのですね。ふむ。Neil Young News経由でUS.AmazonのCM.VTRは見ました。お三方の話す英語は、在日が長過ぎるわたくしにはほとんど把握できませんでしたが、、、。
いずれ、わたくしがCDを手中に収めましたら、トラックバックさせて下さい。

投稿: ウヌニコ | 2006/05/22 17:47

こんにちは いらっしゃいませ。
遅くなっても構いませんのでぜひぜひTBお待ちしています。

ところで続報です。さらに聴きました。第一印象はネガティブに書いてしまいましたが、それなりにまとまっているとは思うのです。決して悪くない。
このアルバム、カントリーとしては異例の長さ=66分あるのですが全体として2部構成になっているようです。
前半のLullabyまでが今までの苦悩を表現しその後は新たな段階へのスタートといった感じでしょうか
で彼女たちが未だに悩んでいると感じるのはメロディーでもリリクスでも編曲でもなく、ただそう感じるのです。
今までのようにテキサスの爽快な空は見えません。天真爛漫な明るさが無いのです。
プロモビデオNot Ready To Make Niceで見るナタリーは顔つきが変っています。大人になったとも取れますが、単にやつれてしまったようにも見えます。
私は彼女の発言に全面的に賛成だったのですが、多くのカントリーファンはそうではなかった、自由の国アメリカには実は表現の自由は無く、脅迫の自由はあるようです。
そもそも彼女たちの音楽と個人的な信条は別であって、発言が気に入らないからと音楽を聴かない、買わないのは消費者個人の勝手なのです。
それを束になって、不買運動したり、放送しないというのは行き過ぎである。さらに脅迫に至っては犯罪です。
ましてやブッシュ大統領のイラク侵攻は正当な理由はなかった、偽情報を元にした言いがかりであった。
その結果、イラクの国民だけでなく、多くの米兵にも犠牲者が出た。これこそが責められるべきであって、ナタリーはそのことを予見し止めたいと思った。ただそれだけなのです。
アメリカ人の生命財産を守るのは大統領の仕事なんですよ、ブッシュさん。
ま、いいや。 とにかく音楽作品とアーティストの個人的な信条は別物である。
ジョニー・キャッシュはヤク中だった。でも音楽は支持された。
エルトン・ジョンはゲイだ、でも音楽は良い。
ディキシーチックスはブッシュが嫌いだ。でも音楽はすばらしい。
なにがいけないのだ!
いいものは いいのだ! なのだったら、なのなのだっ!!
こんなことで、ただでさえ繊細に出来ているアーティストを潰しにかかってどうするのでしょう?
そんな逆風の中、悩みながら苦しみながら生み出したこの作品、みなさん買いましょう!!

投稿: たいちょ~ | 2006/05/23 08:32

ブッシュ発言の様相は、日本では結局は判らない部分が多かったです。けど、たいちょ〜のコメントを読むと、アメリカ本土では想像を絶して強烈なボイコット運動〜脅迫へと発展していたのですね。カントリーとフォークの棲み分けの根本的なところを垣間見たような出来事だと、私は漠然と思っていたのですが。。。
ニール先生はOKで、ディクシーはNOってところが極端過ぎます。もう、ディクシーもニール先生寄りアーチスト(オルタナ)になっちゃえ、なっちゃえっ!

投稿: ウヌニコ | 2006/05/23 15:50

たしかにニール先生は明確に反ブッシュを打ち出していますね。
なぜにこのような差が・・・・
やはりカントリーはPatriotic(国粋主義的)な音楽ジャンルなんですね~
Grand Ole Opryに来るお客さん達を見ると人の良い人たちなんですけどね~
そういう純粋さがRedneck(南部の田舎者)のお人好しをPatrioticにするのでしょうか・・・?
チックスの今後の方向性は、マーケットの反応次第ともいえます、事実FM局によっては未だにチックスの新曲を放送することに躊躇しているところがあります。
ここでチックスが売れまくってビルボードカントリーチャートナンバー1、プラチナヒットなんかになれば良いんですがね。
ちなみに本日、リリース日のWal*Martでの売れ筋ランクは初日にして早くも4位でした。
ブッシュの支持率が最低となった今こそ反撃のチャンスだ~!

投稿: たいちょ~ | 2006/05/24 08:35

ご無沙汰していました。私のブログにあったウヌニコさんのコメントから辿ってきました。
思い起こすに、60年代後半の日本のフォークソングはベトナム戦争を背景とした反戦メッセージを伝えていたものがありましたよね。でも彼等は当時の日本の音楽シーではとてもマイナーな存在だったと思います。流行歌手のような存在が反戦メッセージを表したなんてことはあったっけ・・・?!
そして現在も、日本においてチックスのような存在(女性流行歌手グループ?)がこういった意思表示をするなんて無い!!
で、何が言いたいのかって?日本にも出て来い、可愛いだけじゃなくもの言う流行歌手、議論を巻き起こせと。
(無理かな???)

投稿: Daddy Otk | 2006/05/27 22:33

こんにちは こちらこそご無沙汰してます。
いや~同感です。
でも、日本の歌手は もの言う前に、歌が・・・・
ここはやはりチックスを応援しましょう!

投稿: たいちょ~ | 2006/05/28 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Taking The Long Way - Dixie Chicks:

» (DixieChicks)TakingtheLongWay [HYPERNIKOの「勝手にマイブーム」♪]
こんにちわっ ニコライで〜す〜♪ (この日記の登場人物)昨日「あめりかん・ぱい」から発送の連絡メールが!やったねっ♪おかげで、今日は、朝からソワソワだったよっ。何度も、郵便受け見に行っちゃったーーっ。  EVないんだよっ、はぁ〜  うっふっふーーっ♪  ...... [続きを読む]

受信: 2006/05/27 16:56

» Taking the Long Way [Daddy Otkのカントリー日記]
帰宅するとDexie ChicksのNewアルバムTaking the Long [続きを読む]

受信: 2006/05/28 06:33

» 気骨あふれる Dixie Chicks の新アルバム [望湖庵日記]
Taking the Long Way [from US] [Import] Dixie Chicks,価格: \ 1,890 (税込み) 昨日の Intern [続きを読む]

受信: 2006/05/30 18:17

» 丁寧な音作りが光る Dixie Chicks 最新アルバム [望湖庵日記]
Taking the Long Way [from US] [Import] - Dixie Chicks つい先日,このアルバムに関する面白い記事 No mo [続きを読む]

受信: 2006/06/17 10:31

« アメリカンアイドルとナッシュビルスター | トップページ | BLACK CLOUD »