« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/30

Jubilee - Alison Krauss (2)

先日紹介した、Alison KraussのJubilee無料ダウンロード。
私も出張先からアクセスしてmp3ファイルをゲットしました。

しかし、ダウンロード音楽ってパソコンやiPodで聴くだけではじっくり味わえません。

そこで~、ジャカジャン♪ 「CDに焼いて普通にオーディオセットで聴いてみよう」作戦を敢行。

CDバナーソフトってMP3から簡単にオーディオCDを作れるのですね、知らなかった・・・。

でもって感想です。 MP3はCDに焼いても所詮MP3なので、本来のCDの音質は得られませんでした。

あ、いかん、、曲の感想を忘れていました。
穏やかな曲です。しかし、中身は(世界を正しくしてゆこうという)強い意志が入っています。

Alison Kraussがサントラに参加するとだいたいこんな感じの演奏が多いのですが
そう、演奏が物足らない・・・やはりAlison KraussはUnion Stationとの組合わせが一番ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/26

モントリオール

出張でMontreal(モントリオール)に来ています。

ここはフランス語圏なのでテレビもフランス語、只今ワールドカップのイングランドVSエクアドルをフランス語の実況で観ています。

なんだか面白いです。(ベッカムのフリーキック良かったですね~)

ところでチケットの関係で早めに到着したので観光してきました。

Img_3280a

先程まではF1のカナダグランプリが行われていたモントリオールの街
街角のカフェもF1でした。

Img_3361a 今日のモントリオールはとても良い天気でした
北国らしく、夏場の太陽を体いっぱいで受け止めようと言うのか
道行くフレンチカナディアンのおね~さんの露出度が高いです。

Img_3376a これはオープンカフェの外観。
北米のパリと言われるように美しい街です。

Img_3317a なにげにマクドナルドもおしゃれ。
とても良い街です。

これで明日からの仕事が無ければな~、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/25

Jubilee - Alison Krauss

AKUS公式サイトの情報によると、アリソン・クラウスがドキュメンタリー映画Paper Clips(2004年)のために歌ったトラックJubileeがAKUS公式サイトで6月26日午前零時1分(米国時間)から24時間限定で無料でダウンロードできるそうです。

この特別先行公開の後はiTunesで独占販売だとか・・・・

今回の企画、ファンからの強い要望で実現したそうです。

しかし、なんちゅう中途半端な日(月曜日)にやるんでしょう・・・・?
ほんとにファンの声?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/24

ブルーグラスなチラシ

今日帰宅したらIBMA(International Bluegrass Music Association)からDMが来ていた。

それによると今年もNashvilleでIBMAのイベントWorld of Bluegrass 2006が開催されるそうな。

一昨年まではLouisvilleで行われていたこの催し、去年からNashvilleに引っ越したようです。
期間は、9月25日から10月1日まで、アワードショーやファンフェアなど盛りだくさんの内容です。
私、去年のアワードショーに行きましたがすごく盛り上がりました。
ブルーグラスファンの方はこの機会をお見逃しなく。

詳しくはIBMAのウエブサイトでそうぞ。

Ibma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

やはりブルーだったサムライ

ワールドカップ、残念ながら日本は決勝トーナメント進出ならず。

今日は出張のためTV観戦もインターネット観戦もできず。
しかし、ドイツに駐在している同僚(いわば現地レポーターね)から携帯で逐一情報が入っていました。
そのたびに落ち込み・・・・
ま、相手が相手ですから仕方ないとも言えますが・・・・
せめて引き分けて欲しかった・・・

私、以前コメントしましたがやはりサムライ・ブルーなどというひ弱なキャッチフレーズを付けたからなんでしょうか・・・・

ま、Water under the bridgeでございます。

しかし何故にサッカー日本代表はいつも青なんでしょうか?
英語でブルーといえばネガティブなイメージ。
一方、日本の国旗は赤と白、赤は気分を高める心理的効果があると言われています。

なのに何故に青なんじゃ~?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/06/21

Independence Day Week

独立記念日を目前に観光地やテーマパークの広告が目立つようになりました。
7月4日の独立記念日の週はどこの会社もたいていお休み。大型連休になるわけです。
そこで、観光客目当ての広告が打たれるわけです。

TVでは観光に力を入れている州がコマーシャルを打ちます。
フロリダは大型テーマパークの宝庫ですから当たり前のようにTVコマーシャルを打ってます。

テネシーも観光地ですからDolly PartonがElvis Presleyと共演し、「テネシーにいらっしゃい」というコマーシャルが見られます。
ちなみにこのホームページで見られます。

テキサスのコマーシャルも見かけますが、ブッシュ大統領が出てくることはありません。
んじゃDixie Chicksか?というとそんなわけはないですね・・・

お~、、コカコーラの缶にはドリーウッドの割引特典が!!

いかねば・・・

Can

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/20

Weather and Water - The Greencards

以前シロフクロウさんのサイトで教えて頂いたこのCD
じつによいです。

なのでここでも紹介しちゃいます。

AKUSの築いた流れにあるコンテンポラリーなブルーグラスです。
演奏は特別に上手いとは思わないのですが
アコースティックな響きが心地よく染みこんできます。
こういう音を聞いてしまうと、電気楽器を多用したポップな音には耐えられなくなります。

ブルーグラスがいかに爽快で心地よいか、端的に味わうことのできる一枚です。

Greencards

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/06/19

新型カムリ

アメリカで一番売れてる車
それはトヨタ カムリ。 これは日本で言えばカローラに相当する。

アメリカは人間も家も車も大きいから、カムリはフルサイズのセダンで日本では大きい車だけれどアメリカでは大衆車ということになる。

で、我が家もアメリカに来て以来、代々カムリを乗り継いでいる。
これは会社が借りてくれているのでリースが切れると自動的に新型になるというただそれだけの理由である。

この07カムリはなかなかカッコイイと思う。
まだ出たばっかりなのであまり見かけないがそのうちアメリカ中で氾濫し、すれ違う車の5台に1台くらい、近所の家、半径0.5マイル以内に20台くらい、大型スーパーの駐車場に50台くらい見かけるようになる。

私は一応車関係のエンジニアなのでちょいとレビューしてしまいましょう。

まず ひとこと、旧型カムリからあまり変っていません。
しかし、確実に進歩している。

特に静粛性は、またまた向上。旧型も静かだったのにさらに良くなってます。
私のカムリは安い仕様なのでエンジンは直列4気筒。でも旧型より吹け上がりがよくなってます。
スペック上もパワーアップしたようです。

トランスミッションはこのモデルから5速ATにグレードアップ。燃費向上に寄与しています。
しかし、昨日ナッシュビルまで往復した時に感じたのですが、5速AT採用と同時にデフ比を燃費向けにハイギヤード方向へ変更したのか頻繁に5速から4速へキックダウンしまして、ちょっと気になりました。旧型の場合クルーズコントロールを80マイルにセットしてキックダウンなしに走れた上り坂で同じようにクルーズコントロールで走行すると4速に落っこちました。非力ではないけれど非力に感じてしまうのです。

シフトレバーはベンツみたいなタイプ、ゲート式っていったっけ? いままで高級車のものとされていたが、カムリに採用されたとなると、実はこちらの方が安いのか?なんて思ってしまいます。

乗り味は、サスペンションが少し硬めになったかもしれませんが、アコードのようなイヤラシイゴツゴツ感はありません。ステアリングの感じもオジサン車にぴったりのそれほどシャープでないもの。

これなら長距離も疲れません。

インテリアは無難ですが、ちょこちょこと改良されています。
今回オーディオから遂にカセットが消え、MP3搭載となっています。

とにかくトヨタは車造りがうまい。
たいしてお金かけずに、確実に進化させていると思う。
また確実に安く作っていると思う。
たとえば助手席側の鍵穴がなにげに無くなってます。(やるな~!!)

この新型カムリで いよいよトヨタはGMを抜いて世界一ゲットか!?

Camry

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/18

Dixie Chicks 愛国心を批判

CMTによるとロンドンの新聞The Telegraphが6月15日付けでディキシーチックスの発言を取り上げています。ざっくり翻訳してみます。

-----------

エミリーは 一部のアーティストがイラク戦争を宣伝に利用していると指摘、「多くの迎合が行われている。どのプロモーションビデオにも兵隊とアメリカ国旗が描かれている。」「このままじゃ超愛国心(国粋主義)に吐き気を催すようになる」と発言。

ナタリーは「アメリカ中が多分私に同意しないけとおもうけど、愛国心は必要不可欠とは思わない。」と付け足し、「なぜ愛国者でなくてはいけないの?何に関して?ここは私たちの土地なの?なぜ?住むところと自身の命を愛するのはいい、でも国全部を愛するわけ?
私は何故人々が愛国心にこだわるのかわからない。」

木曜(6月15日)の夜、ディキシーチックスは2003年に問題発言があったその場所Shepherd's Bush Empireで公演した。
米国でのAccidents & Accusationsツアーの初日は7月21日デトロイト。

--------------

原文はpatriotism(愛国心)となっていますが国粋主義的な意味合いが強いと思います。

しかし、この手の書き方は受け取り手に反感を植え付ける恐れがあります。
ロンドンの新聞はブッシュの味方か?
それともCMTの抜粋方法に問題があるのか・・・?

しかし、俄然チックスを応援したくなってきました~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/17

Miss Congeniality Series - Sandra Bullock

Sandra Bullock サンドラ・ブロック主演の映画
Miss Congeniality
Miss Congeniality 2

これは痛快アクションコメディと言えばよいのでしょうか?

1作目はサンドラちゃん扮するFBIのハート捜査官がミスUSAコンテストにニュージャージー代表として潜入捜査。
もともとミスコンとは無縁に見えた容姿、立ち居振る舞いだったハート捜査官、とにかく男っぽくて、鼻をならしながら笑う・・・・
彼女は大変身・・・
どたばたしながら事件を解決。自身はMiss Congeniality(ミス適性)に選ばれるというおはなし。

2作目は、すっかり有名人になってしまったハート捜査官に前作で親友となったミスUSAが誘拐されたという事件が飛び込んできます。
ハート捜査官、親友を救うため大活躍。
というおはなし。

この2作目にはなんとDolly Partonが実名で登場してます。サンドラちゃんに取り押さえられるドリーちゃん、名演技です。

サンドラ・ブロックってなんだかいじめられる役が多いような気がしますが、このシリーズは爆笑アクション活劇でとにかく楽しめます。

今回はDVDをebeyで2作まとめてゲット。1作目なんて、たったの3ドルですよ!
3ドル・ブロックなんちて・・・・

Misscongeniality

ところで 邦題の「デンジャラス・ビューティ」にはズッコケましただ~。。
ある意味センスあるな~(お笑いの・・・)

<追記>
そういやこの映画ウイリアム・シャトナーが出てました~
カーク船長も随分と老けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/16

Dixie Chicks ツアーにまつわる噂

Dixie Chicksのコンサートツアー ACCIDENTS & ACCUSATIONS
ツアー自体がキャンセルになるという噂があるのですが、まさかホントに口伝えで聞けるとは思いませんでした。今日たまたまナッシュビルから来たジェフくんが言っていたのです。

しかし、この噂については私の方が先に情報を押さえていたので
「会場によってはチケットの売れ行きが悪いところもあるようなので、場所によっては日程変更はあり得るけど、キャンセルは無い。」ときっぱり言ってあげました。
「即日完売の会場もあるんですぜ旦那」

これは共和党員による悪意ある噂に違いない。
いや、ジェフくんも共和党員か・・・?

ところでジェフくんって誰・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FAX

むかしむかし渡米する遙か前のことです。

欧米ではファクシミリのことを日本のようにFAX(ファックス)とは言わないと誰かに聞いたのです。

なぜならファックスと○ァッ○がですね非常に近い音なので卑猥に聞こえるからだ とのこと・・・

ですから 私はFAXと言いたいところをグッとこらえてFacsimileと正しく発音しようと努力していたわけです。

しか~し!! アメリカ人ときたらどいつもこいつも、全員FAXとしか言わない!!

ひょっとしてFacsimileという正式名称を知らないのではないのか~?
しかも、名詞としてだけではなく動詞としても使う。

Please fax. とかいうように使うわけですね~

まぁね、おっさんが言う分にはOKですが
うら若きブロンドのおね~さんまで Could you fax me? ですぜ。

なんとかしてくれ~!! って考えすぎか・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/15

アリソン・クラウス マニア (3)

昨日、ふとCD棚を整理してみようと思った。

Alison Krauss関連のCDが山ほど出てきた。

おかし~な~?
アリソンってそんなにアルバム出してないのにな~

公式サイトによると今までにリリースされたアルバムは11枚です。
しかし手元には30枚以上ある。

実は、アリソン・クラウスが参加しているというだけでついつい買ってしまったCDが多いんですね~

いや~、完全にレコード会社の術にハマッテます。
じゃ、今後はもう買わないのか?

そんな~、買うに決まってるじゃないですか~!!

ちなみに、写真に写っている一部の見慣れないCD、そのうち紹介します。多分。

Cds

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/14

The Story of My Life - Deana Carter ディアナ・カーター

この前、シェリル・クロウを紹介したときにこの人、ディアナ・カーターと区別が出来ないと書きましたが、一方を取り上げて他方を取り上げないのは公平性に欠くというわけでディアナちゃんの登場です。

この二人、顔も声も似てると思うのですが、そう思うのは やっぱり私だけ?

わたくし実は、シェリルよりもディアナの方が断然好きなんですが、それはプロモビデオがいろっぺ~から・・・・でなくて いや、それもそうなですが 曲や音作りが私の好みなんですね~

去年リリースのこのアルバムは
軽快に、あるいはしっとりと彼女らしい音で聴かせてくれます。
私のお気に入りのトラックは次の2曲
7曲目のShe's Good For You :悲しいけどコミカルだにゃ~
8曲目のNot Another Love Song :切ないにゃ~
女性の素直な気持ちを歌っているように感じるのです。

女性のみなさまに是非聴いていただきたい一枚です。

Deanacarter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ

ワールドカップだろうがFカップだろうが
この国(アメリカ)の人にはあまり興味がないようです。(いや、Fカップは好きかも)

つまりサッカーが好きな人は観ればいいんじゃない?
というノリでして、日本のように妙に偏った報道で国民にワールドカップ観ないといけないような強迫観念を植え付けることはありません。
今朝のCNNでもアメリカが初戦で負けたことは報道していましたがそれ以上のものではありませんでした。

アメリカ人はオリンピックとかワールドカップのようなゲームでは盛り上がれなくて、戦争でないとダメみたいです。
お~こわい。。

日本、負けちゃいましたね~
ま、あと2戦勝てばいいんです。
特にブラジルに勝てばいいんです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/13

Goodbye Alice In Wonderland - Jewel ジュエル

カントリーのようでカントリーでない、べんべん♪
ポップスのようでポップスでない、べんべん♪
それは何かと尋ねたら・・・・

というわけで
この人はカントリーなのか?
でもCMTにアーティストページもあるしな~

最近リリースされた Goodbye Alice In Wonderland を聴くと
やはりカントリーなのだ~ いや そうかな~?
と言う感じです。

なんというか
軽~く聴ける感じですね。

ま、それだけなんですけど・・・・

Jewel_1 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/12

The Stepford Wives ステップフォード・ワイフ

今日Sam's ClubでDVDを7ドルくらいで売っていたのを仕入れてきました。

これはキース・アーバンの嫁?ニコール・キッドマン主演のコメディ(多分)ですが
なんと、あの美人カントリースターFaith Hill フェイス・ヒルが出演しているんですね~

以前、飛行機の中で観たのですが、もう一度フェイスの演技が見たくて
それと安かったのもあって買ってしまったわけです。

ストーリーは、仕事で大失敗してクビになり精神的にマイッテしまったキッドマン演じるジョアンナを癒すため、夫ウォルターは仕事を辞め子供達と共にコネチカット州のステップフォードという街に引っ越します。
そこは完璧な世界・・・・

女性達はみな、カラフルなドレスに身を包み、髪はブロンド、家事は完璧、夫や家族に対しては従順で・・・ まさにロボットのような主婦:ステップフォードワイフばかり。
フェイス・ヒルの役どころは元航空会社のCEOで今では完璧なステップフォードワイフ、サラです。
ハリウッド女優とならんでも全く見劣りしないどころかより美しいフェイスのロボットワイフぶりは実に見事です。ブラック・クラウドで観た旦那のティム・マグロより断然上手い。

最後は、ジョアンナとウォルターがぶち壊し・・・
そういやラリーキングライブには笑いました。

今回のフェイスは歌は無し、ほんとに女優としての出演でした。
それにしてもハリウッドとナッシュビルの距離って近いのでしょうか・・・

Stepfordwives

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/11

CMA Music Festival 2006

入場券は無いけれどCMA Music Festivalで盛り上がっているナッシュビルのダウンタウンを偵察してきました。

Cmamf20063 これはリバーフロントステージの入り口付近です。
皆さん首からチケットをぶら下げていますね。

Cmamf20061 ブロードウェイでは馬車に乗って演奏するミュージシャンが・・・
もちろん動いてます。

Cmamf20064 こんなバスも停まってました。

Cmamf20062 上空にはこんな飛行機が・・・・

というわけですんごく盛り上がってました~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/10

カントリーなカラオケ・・・?

Karaoke

この写真
ナッシュビルのカラオケバーです。

日本で生まれたカラオケ、今ではカントリーの歌詞にもちょくちょく登場するくらい定着したようです。

カラオケといえば、先日 極秘?帰国した際の話・・・

×月×日 仕事を終え同僚と食事をした後、とあるカラオケスナックへ連れていかれた。
そこにはフィリピンから来たおね~さん達がいた。

おね~さん:「ナマエ ナンテイウ?」
私:「名乗る程の者ではござらん」
おね~さん:「ドコカラキタ?」
私:「アメリカ」
おね~さん:「ジョウダンヨクナイ」
私:「ホントですってば」
おね~さん:「ジャ エイゴのウタ、ウタッテ」

そこで初めてカラオケリストを見た。
なんと、英語のタイトルがたくさんあるではないか~
しかし、冷静に考えると 知ってる英語の曲なんて古~いポップスか
カントリーソングしかない。

でカントリー歌手名を探してみた
まずは 絶対ありそうな シャナイア・トゥエイン・・・・
お~あるある!!
では早速From This Mormentを一曲入れてみた。
意外と歌える自分に感動?
「コレ、ケッコンシキノウタネ」とおね~さん。
たしかにそうだわな~

次はえ~っと
アリソン・クラウスは無し。
仮にあっても歌うことは不可能ですが・・・。

トリシャ・イヤウッド
ないな~

フェイス・ヒル
あるある。でもうたえんな~

なんか女性の歌ばかりみてるぞ~
そりゃそうです。このところ男性の歌なんてとんと聞いていなかったもので・・・

リアン・ライムス
あるある!
お~How Do I Liveがありますな~
では 一曲。
お~これも結構歌えるじゃないの~
「コレ エイガ コンエアーノウタネ」

気をよくしたおね~さん達、コレウタエと言ってはいろんなカントリーソングを指さすします。
そんなになんでもかんでも歌えませんぜ~
ここで気付いた。
フィリピンのおね~さん達カントリーソングをよく知っている。

ま、カラオケのリストに載っている曲はポップ系カントリーでしたけど
それにしても日本とは違って普通に聴かれているような印象を受けました。

しかし妙にウタエウタエと勧めるにゃ~
と思ったら、歌った曲数分しっかりチャージされてました。
オダテルノジョウズネ オネーサン。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/06/09

CMA Music Festival 2006

今年もナッシュビルは大騒ぎ CMA Music Festival 2006 で盛り上がっています。
6月8日~11日の4日間
しか~し なんでこんな中途半端な時期にやるわけ?

平日は仕事、土曜は日本語補習校のお手伝いと忙しいうえに
4日間の通し券が確か200ドル以上もするんです~

今年も多忙+財政難で行けない訳ですね~

ま、いいや。
昨日は前夜祭ということでダウンタウンでパレードが行われたようです。

券は無いけど、偵察に行ってくるかな・・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/07

Danielle Peck ダニエル・ペック

昨日Danielle Peck のCDが届きましたので
早速世界最速日本語レビューと思いましたが
時間がなくてあまり聴けてません。

第一印象ですが
歌は上手いし、元気な感じで好感が持てます。
見たとおりの美形ですし・・・

ただ、なんというか特徴がない。
競争の厳しいカントリー界で一歩抜け出すには
強烈な個性が欲しいのですが、ちょっと弱い感じがします。

がんばってね ダニエルちゃん。

Daniellepeck

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/05

BOURBON STORY バーボン物語

ノースウェスト航空で名古屋に向かう途中の出来事・・・

エコノミークラスは今年からアルコールが有料になってしまった。
で、食事の際に頼む飲み物は一発で酔えるものにしようと思ったのです。
なにせ1本5ドルまたは500円ですよ~
ビールでもワインでもウイスキーでも同じ価格
こりゃウイスキーが一番効率よさそうですね~

で、スッチーのおねえさんに「飲み物は?」と訊かれて
「ウイスキー」と答えました。「5ドルよ」「わかってるって」
といって5ドル差し出す。
おねえさん、ワゴンのなかを探して出してきたのがスコッチです
でもその脇に私の好きなJack Daniel's(ジャックダニエル)が有るではないですか~!
「ジャックダニエルにしてよ」
そしたらおねえさん「ジャックダニエルはバーボンよ!」と宣った。

あまりのレベルの低さに開いた口にそのままジャックダニエルを流し込みそうになりましたぜ。
ジャックダニエルはTennessee Whiskey(テネシーウイスキー)ってボトルに表示してあるでしょ!
しかも、バーボンとは一言も書いてない。
バーボンはケンタッキーのBourbon County(バーボン郡)で醸造されたものだけが名乗れるのだぞ~

だいたいバーボンもテネシーウイスキーもスコッチもみなウイスキーに分類されるではないか
アメリカの航空会社のスッチーというのはたいていこの程度です。

ちなみに私の好きなバーボンはWoodford Reserveという銘柄です。
好きなテネシーウィスキーは もちろんJack Daniel'sです。

以前、ジャックダニエルの醸造所を見学したことがあります。
工程を順番に見学して最後の方にジャックダニエルの特徴チャーコールメロウイング(だったかな?)という工程で
芳醇な香りをさんざん嗅がせてもらえます。

そして見学終了。
ロビーへ戻ってくるといよいよ試飲・・・(こういう場合たいてい試飲でしょ!)
と思ったら 
レモネードが用意されてました。

おもわず脱力なべ・・・

ジャックダニエルの醸造所があるところは
Dry Countyと言って禁酒なんです。
酒は造れても、飲めないなんて・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/04

DIXIE CHICKS ACCIDENTS & ACCUSATIONS

今年のDixie ChicksのツアータイトルはACCIDENTS & ACCUSATIONS
事故と告発。

あはは~、、良いタイトルですね~

今日はそのチケット発売日でした。
で、早速買っちまいました~

10月3日ナッシュビル
65ドルのチケットに12ドルものConvenience Chargeが付いてるのは何故?
NOカメラになってるし。

セキュリティ強化でしょうか・・・?

<追記>
そういえばCD買った時にツアーポスターのオマケがついていたのでした。
のっけちゃいます。
よく見るとNashvilleが載ってないような気がするな・・・
ホントに来るの?

Chickstour

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/03

カントリーな看板

ナッシュビルはミュージックシティと呼ばれるだけあって
街中のちょっとしたものにもカントリーミュージックネタには困りません。

Img_1622a これは去年、バス停のベンチにあったMiranda Lambert ミランダ・ランバートの広告。ミランダちゃん、デビューしたてのころは歌が不安定でしたが最近はずいぶん上手くなりました。

Img_1626a こちらも去年の写真ですがRascal Flattsが見えますね~
4月に新譜をリリースしたのでこの古い広告はお宝画像ですね~
な、わけないか・・・
Rascal Flattsのリードボーカルは決して見栄えがする方だとは思わないのですが、彼らのミュージックビデオは毎回ドラマ仕立てでなかなか良いです。
リードボーカルの彼(Gary LeVox)は特徴のある高い声で良いのですが、個人的には音だけ聞くよりドラマ仕立てのビデオの方が良いと思ってます。
しかしRascal Flatts ラスカルフラッツ、どういう意味?直訳すると「いたずらっこ共同住宅。」???

わからん・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/01

Dixie Chicks on Larry King Live

今夜のラリーキングライブはディキシーチックス登場でした。が・・・

仕事が遅くなって殆ど見逃してしまった。
しかし ニューアルバム売れ行き好調(ビルボード&アマゾン1位)でみなさん元気そうでした。

こういうのって蓋を開けてみるまではわかりませんからね~
だから彼女たち、ほっとしたことでしょう。

よかった よかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »