« 未知との遭遇(2) | トップページ | ブルーグラスなチラシ(2) »

2006/07/15

Cheyenne Kimball - The Day Has Come シャイアン・キンボール

ジュリー・ロバーツの新譜を入手しようとして、ついでにジャケ買いしてしまったこのアルバム。

全然カントリーではありません。
聴いてみるとまだ幼い感じがあります。

え?なに15歳?!

アメリカってこんなのがごろごろしているのね・・・・

マイリマシタ。。。

Cheyenne

|

« 未知との遭遇(2) | トップページ | ブルーグラスなチラシ(2) »

コメント

通販で、ザ・レッカーズを選択すると「これも一緒に買いませんか?」とくっついているのが、このシャイアンちゃまですね。ナルホド、まだ15才ですか!
アイドルそのもので、食べちゃいたいほど可愛らしいですが、ストリーミングはできませんので、歌の実力は皆目不明でした。でも、こういうアイドルも必要だと思いますデスよ。

投稿: シロフクロウ | 2006/07/15 14:37

か、、、かわいい!
15歳か!中学生?スゴイなぁ〜。
で、曲は自分で書いているんですか?

投稿: ウヌニコ | 2006/07/15 15:29

> シロフクロウさん
通販サイトの芋づる商売にはやられちゃいますよね~
ちなみに、シャイアンちゃんの音作りはガールズポップロックでしてやや爆音系、純粋にボーカルを楽しむのは難しいです。

投稿: たいちょ~ | 2006/07/15 23:27

> ウヌニコさん
こんにちは
シャイアンちゃんは曲を自分で書いてます。
アメリカはこういう人が次々と湧いてくるのですが
個人の才能を伸ばす仕組みが出来ているということなんでしょうね。(日本の場合は型にはめようとしますので・・・)

投稿: たいちょ~ | 2006/07/15 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cheyenne Kimball - The Day Has Come シャイアン・キンボール:

« 未知との遭遇(2) | トップページ | ブルーグラスなチラシ(2) »