« Alison Krauss - A HUNDRED MILES OR MORE: A COLLECTION | トップページ | アリソン・クラウスとキャリー・アンダーウッド »

2007/03/01

Shut Up and Sing - Dixie Chicks (レビュー)

Dixie Chicks(ディキシーチュックス)のドキュメンタリー映画Shut Up and Sing
ついに観てしまいました~(DVDね)

では 早速ひとことレビューを・・・

「ファン必見!よくできたドキュメンタリー映画」です。

問題の発言から今日にいたるまでの様子を実に詳細に捉えて
その渦中にあった彼女たちがどのように考え、行動したのか が描かれています。

ロンドンでの問題発言、私 初めて映像で見ましたが、それほど問題になるとは思えない言い方でした。
単なるジョークで済みそうな話を、マスコミが歪めて報道し、一般民衆がそれを鵜呑みにして排斥運動に走ったことがよくわかります。
イラク開戦直前の微妙な時期に 人気絶頂のカントリーグループが発した発言は 痛いところを突いていたということなのでしょうが
それにしても あんまりだ・・・・
マスコミによる扇動というのはいとも簡単に行われ、人々は簡単にのせられてしまうものだと感じました。

そんな状況を彼女たちは母として、人間として苦しみながらも乗り越えていきます。
緊張感のある事件後のTop of the Worldツアーの様子~ラジオ局の反応~民衆の反応~
Taking the Long Wayの録音風景~ACCIDENTS & ACCUSATIONSコンサートツアーのチケット発売~初日の様子

発端はナタリーの発言でしたがメンバー全員で乗り越えて行く姿。マネージャーの的確なアドバイス。
なかなか感動的でした。
ただし予備知識の無い人がみると解りづらいかもしれません。そういう意味ではファン向けの映画という感じです。

しかし ドキュメンタリーなので会話シーンが多くて日本人には聞き取りが辛かったにょ~
日本語字幕つけてくれ~!!

|

« Alison Krauss - A HUNDRED MILES OR MORE: A COLLECTION | トップページ | アリソン・クラウスとキャリー・アンダーウッド »

コメント

日本語は無理でも、せめて英語の字幕をつけてくれ〜!
じゃないと、私はついていけません・・・。(T_T)
これは必見ですね。レノンのキリスト教発言なみにマスコミの曲解が事を大きくしてしまった、そんな気がします。
Not Ready To Make Niceに「おまえらは歌だけ歌ってりゃ良いんだ」という歌詞がありますよね。これはヒドイ。エミリーがデビュー当時強制的に金髪にブリーチさせられたと前に言っていましたが、もしディクシーがカワイイ金髪白人の女の子だからファンだったというカントリーリスナーがいたら、私は怒ります!女性蔑視ですよ、そういうファンならいらない、と彼女たちが憤然と立ち向かったのは当たり前!

投稿: ウヌニコ | 2007/03/01 23:13

こんにちは
DVDなので英語字幕は出せます。はい・・・。
「おまえらは歌だけ歌ってりゃ良いんだ」という歌詞
まさにShut up and sing or your life will be over.という脅迫文に書かれた内容ですね~
こんなもの送りつけられたら普通は参ります。チックスはエライ!!
マスコミを使った扇動で始めたイラク戦争。存在しない大量破壊兵器が有ると言ったり、911テロとイラクが関連していると言ったり。なんでもありですね。いつも体制に沿った報道をするのではマスコミの役割が果たせないのですが。。。こまったひとたちだ・・・・
ところで、映画の中で描かれる国粋主義カントリーの代表トビー・キースとのケンカが笑えます。

ちなみにチックスの良さはナタリーのすばらしいボーカルとエミリー、マーティの演奏の巧さの合わせ技ですよね~。金髪は関係ないですよね~
あの騒動でファンで無くなったというひとは最初からファンでは無かったのです。

投稿: たいちょ~ | 2007/03/02 02:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shut Up and Sing - Dixie Chicks (レビュー):

« Alison Krauss - A HUNDRED MILES OR MORE: A COLLECTION | トップページ | アリソン・クラウスとキャリー・アンダーウッド »