« 中国で×××する50の方法 | トップページ | Alison Krauss & Union Station Concert in Nashville »

2007/06/04

Migrations - The Duhks

The Duhks(ダークス)の皆さんの2006年9月リリースのアルバムです。
Bluegrassのコーナーに売られていたのですが、ジャンルを超えております。

リードボーカルはJessee Havey(ジェシー・ハーベイ)という見た目アジア系の女性がとっております。 独特の濁りのある落ち着いたボーカルは白人のボーカルを聞き慣れた耳には新鮮です。

先程ジャンルを超えたと言いましたとおり、いろんな音楽が混ざっております。
フォーク、ゴスペル、ソウル、ケルトなどなど しかし、Duhksとしてのオリジナルに仕上がっている。 非常に魅力的な音です。
Migrations~まさにいろいろな音楽が移住してきたようです。 

私の個人的オススメは7トラック目のMoses, Don't Get Lost。 メンバー全員による見事なボーカルのハーモニーを味わえます。

とにかく今後も活躍して欲しい個性的なグループです。

Duhks

|

« 中国で×××する50の方法 | トップページ | Alison Krauss & Union Station Concert in Nashville »

コメント

はいはい,このアルバム,なかなか良いですね.私もレビューしております.ご参考まで.

http://griffin.cocolog-nifty.com/lakesidediary/2007/02/post_a819.html

投稿: 俊(とし) | 2007/06/04 21:48

こんにちは
この人達、実は2002年にデビューしていて、私、以前より気にはなっていたのですが、今回初めてCDを購入した次第です。
いや~もっと早く聴けば良かった・・・
俊さんのご指摘のとおり今後いかに音楽性を高めて行くのかがポイントですね。

投稿: たいちょ~ | 2007/06/05 12:23

そうそう、クロスオーバーな感じですね。
ボーカルがソウルっぽくて個性的だと思ってます。
このアルバムは本年のグラミー候補でしたよね。
ボーカルがレズビアンという話だけ、
日本ではやや知られてるかもしれません。

投稿: ウヌニコ | 2007/06/07 01:35

なに~
グラミーノミネート?
いや~ 知りませんでした。
しかしボーカルが・・・ちゅうことでやや有名って
なんちゅう偏り方なんでしょう 日本は・・・。

投稿: たいちょ~ | 2007/06/07 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Migrations - The Duhks:

« 中国で×××する50の方法 | トップページ | Alison Krauss & Union Station Concert in Nashville »