« Shure SE310 イヤホン | トップページ | 最近聴いたCD »

2007/07/31

CD OPENER

アメリカのCDって開けにくいですよね~
日本のCDならお菓子の包装のような簡単さで開くのですが、
アメリカの場合外側のフィルムが強烈でまず簡単に開かない
苦労してこの外側のフィルム包装を突破しても、CDケースそのものに強力なバーコードシールが貼り付けてあって、簡単に剥がせないようになっています。
このシールの粘着材は剥がした後も いつまでもベタベタするし・・・
防犯対策なのでしょうが、動作の雑なアメリカ人の場合、ケースごと破壊してしまいそうです。

新しくCDを買ってもこの開梱作業に時間が掛かってなかなかお目当てのCDを聴くことができません。

そこで・・・・

Opener1 ジャカジャン、「CD オープナー!」
BARNES&NOBLEという本屋(CD屋)さんに99セント売っていたものです。

どうやって使うのかというとCDの包装の外側を滑らせるだけ・・・・

Opener こんな感じです・・・・
こうすると、CDの包装フィルムに切れ目が入るので、そこからガバッと開くわけです。
そのあとバーコードフィルムにも同様の方法で切れ目を入れそこから剥がします。

しかし、このオープナーをもってしてもバーコードフィルムは剥がす途中でちぎれたりして苦戦します。
でも 無いより格段に良いわけで。
日本でも入手できるのか不明ですが、音楽ファンへオススメのアイテムです。

ところで写真のCDが気になったあなた・・・・
彼女どこかで見たことありません? 後日レビューします。

|

« Shure SE310 イヤホン | トップページ | 最近聴いたCD »

コメント

アメリカのCDって本当に封を切るのにイライラしますね.特に私が嫌いなのは,バーコードシールをはがした後のネチャネチャ.私は普段はガムテープをちぎったもので,くり返しネチャネチャを叩いて剥ぎ取ります.この間約2分.数枚のCDをまとめて空けるときにはこれをくり返すので,本当に時間の無駄です.

ご紹介のオープナーは日本のCD屋さんでは見たことが無いので,きっとアメリカ特産!でしょう.

投稿: 俊(とし) | 2007/07/31 21:37

こんにちは
やはりあのバーコードフィルムのネチャネチャには苦戦されてましたか~
私もアルコールなどいろいろ試したのですが、いまひとつでした。 どうやら根気よく剥がすしかないようです。
ちなみにこのCDオープナー、例のごとく中国製でした。

投稿: たいちょ~ | 2007/08/01 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD OPENER:

« Shure SE310 イヤホン | トップページ | 最近聴いたCD »