« Sesame Street: Kids' Favorite Country Songs | トップページ | CD OPENER »

2007/07/30

Shure SE310 イヤホン

iPodと組み合わせて使用していたSonyのノイズキャンセリング イヤホン MDR-NC11が故障、コードの断線です。 こういう機器の場合、長年使っているとまあ仕方のない故障です。

この故障、実は日本に帰国中に発生したので、急遽代品を購入しました。
購入したのはShureのSE310、Shureは最近ラインナップを総入れ替えしてまして、これは比較的最近発売されたもののようです。(価格的にはE4Cの後継機種のようです。) 
帰りの飛行機の中で早速使用してみました。

では 早速レビューを・・・・

まずは遮音性、この手のイヤホン(Sound Isolating Earphones)は遮音性が命。
うるさい飛行機の機内でも問題なし。
耳栓のように外部の音を遮断してくれます。
Sonyの場合低音ノイズをアクティブに低減してくれましたが、Shureの製品はノイズキャンセリングタイプではないのでこの低音の外来ノイズに関してはちょっと負けてます。
しかし、遮音性の高さや装着感の良さは格段にShureの方が良いです。
装着に関してはパーソナルフィットキットとしていろいろなスリーブが付属していますので自分に合う物を選ぶことができるのですが、私の場合標準のスリーブでOKでした。

そして音質ですが・・・・
これはマズマズ、とびきり良いとは思わないのですが、かなり自然な感じで聞こえます。
Sonyの場合ノイズキャンセラーのホワイトノイズが気になったのですが、ノイズキャンセリング方式ではないShureの場合、当然そんなノイズはありません。
低音はもっと期待していたのですが、所詮イヤホンなのでこの程度か・・・・という感じです。ただし、Sonyに比べると格段によく出てます。
ま、自宅のオーディオで聴くレベルと比較してはいけませんね。iPod自体の音質にも限度がありますから、iPodと組み合わせて使う分には良い組み合わせと言えます。
でもiPod本体より高価なので購入するにはちょっと気合いが入ります。

ところで、機内で使うのにぴったりのこのイヤホン、機内で上映される映画の音声もこれで聞きたいところです。
しかし、SE310をそのまま座席のイヤホンジャックに差し込むととんでもない大音量攻撃を受けてしまいます。ボリュームを最小にしてもとても聞けるレベルではない。

これは座席のジャックの信号レベルに対し、SE310のインピーダンスが低すぎる為に発生してしまう現象のようです。したがって今回映画はパスしました。
騒音溢れる機内で、騒音に対抗して普通のヘッドホンの音量を上げて映画の音声を聞くと非常に疲れますから・・・・

そんな機内のジャックに接続する場合に必要になるのがアテネッターです。ShureからEA650というオプションのボリュームコントロール(アテネッター)が発売されています。

これを使えば機内での映画鑑賞はもちろん、iPod使用時も音量調整が手元でできて便利です。
ちなみに欧州系のキャリアー(米系だとデルタなど)に多い2本ジャックに対応したエアラインアダプターPA658もShureから発売されています。同時に購入すると更に便利です。

Shure_2 この写真、左からShure SE310、EA650、Sonyのエアラインアダプタ
これら全てSE310付属のケースに収納できます。
これで機内での騒音とサヨナラして快適とまでは行かないものの、疲労感が低減できます。

|

« Sesame Street: Kids' Favorite Country Songs | トップページ | CD OPENER »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shure SE310 イヤホン:

« Sesame Street: Kids' Favorite Country Songs | トップページ | CD OPENER »