« Colbie Caillat - Coco | トップページ | Maren Morris - All that it takes »

2008/01/22

HOW GREAT THOU ART

How Great Thou Art
Gospel favorites from the Grand Ole Opry

2月5日に、こういうタイトルのライブCDが発売されます。
そうLiveでございます。
Opryなので当然公開録音です。

というわけで1月20日Grand Ole Opry Hoseにその公開録音を聴きに行っていました。
出演者は豪華です。以下出演順に・・・

Ronnie Milsap(ロニー・ミルサップ)
Sara Evans(サラ・エバンス)
Trace Adkins(トレイス・アドキンス)
Loretta Lynn(ロレッタ・リン)
Dierks Bentley(ディエクス・ベントレイ)
Vince Gill(ビンス・ギル)
Charlie Daniels(チャーリー・ダニエルス)
Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)
(写真は下のほうに出演順に貼り付けてあります。今回、座席が二階席の後ろの方でかなり苦しかったです。ちなみに一番最後は司会のNan Kelleyさんです。)

この皆さんが、お気に入りのゴスペルを歌うという企画です。

実はライブには登場しませんでしたが、CDにはAlan Jackson(アラン・ジャクソン)、Patty Loveless(パティ・ラブレス)、Brad Paisley(ブラッド・ペイズリー)、Ricky Skaggs and The Whites(リッキー・スカッグスとホワイツ)の皆さんも参加します。

みなさんお気に入りのゴスペルということでしたがカントリーありバラードあり、ゴスペルにもずいぶんバリエーションがあるものだと感心しました。
公開録音とはいえいつものOpryの生放送とは違いまして、ディレクターさんが出てきていろいろ注文を付けます。とうぜん録り直しもあり。というわけで、スターの皆さんもディレクーの指示でだいたい二回ずつ歌ってくれました。いや~トクした気分です。

しかし皆さんさすがにスターです。みごとに歌いきってくれます。
驚いたのがロレッタおばちゃま。トシを感じさせないみごとな歌いっぷりに感服いたしました。 さすが~、、ちょっと前に共演したジャック・ホワイトから若さを吸収したみたいです。
私の今回の目玉はサラ・エバンスでしたが、いや~離婚してから美しさに磨きがかかったみたいです。いいにゃ~。(照明が逆光で撮影には苦労ししました。)
ロニー・ミルサップは力強い歌、トレイスは渋い低音で魅了してくれました。
トレイスに録り直しを告げに来たディレクターにトレイスはあの大きな体で体当たり。
あとからディレクターは何度も「トレイスは怖くありません」と言っておりましたがかなりビビッタようでした。
スーツで登場のディエクスは大物たちに圧倒されたのか味が出し切れていませんでした。ま、若いからOK。ビンスはいつもの甘~い高音で奥様方を魅了しておりました。19日にOpryメンバーになったばかりのチャーリーは元気いっぱいに歌っておりましたが、ディレクターの指示による録り直しでは少し呼吸がしんどそうでした。オトシですからね~、でも得意のフィドルにはそんな影響は出ませんでした。いや~おみごと。

一番最後に登場したキャリー・アンダーウッドは、あいかわらず可愛かったです。
歌詞を間違えて、やり直すハプニングもありましたが、そんなときもアメリカンアイドルは憎めません。写真は無事歌い終わったときに見せた笑顔です。

というわけで、発売が楽しみな一枚です。
ちなみにこの様子は2月9日にGACTVにて放送の予定です。
ということはDVDも出るかも・・・?

Milsap Evans Adkins

Lynn Bentley Gill

Daniels Underwood Kelley

|

« Colbie Caillat - Coco | トップページ | Maren Morris - All that it takes »

コメント

こんにちは、写真を楽しませてもらいました。
キャリー・アンダーウッドって、こんなに可愛い容姿をしてましたか。ちょっとビックリ。
キャリーの動いている映像は見てないので、誰なのか、判別できませんでした。
おっととっ、いい女のサラ・エバンスが光の目眩ましで・・うう・・良く見えん・・
かなりのお美しさとは、想像できますけれど。
それから、キース・アーバンの付録DVD映像は、シアター上映しましたが、旦那フクロウが大喜びで見ていました。
彼女の今朝の夢では、私達夫婦が、キース・アーバンの家に招かれて、
そこにドリー・パートンが自分で焼いたパイを持ってきて、
いろいろと話しているうちに、ニコール・キッドマンが現れて「双子の女の子が生まれる」と、言ったそうな・・。
それを聞いた私が、嬉しそうにしておったとか・・、ウン・・、そりゃたぶん、その双子は、さぞかし綺麗な女の子になるだろうと私が期待したからでしょうな。17年後まで生きておれば、見られるけれどさ。 あはは・・〜(^_^)v

投稿: シロフクロウ | 2008/01/22 14:36

こんにちは
写真を楽しんでいただけて光栄です。
最近なかなか現地らしいレポートができていなかったので久しぶりにお役に立てて幸いです。
ところでキース・アーバンの夢のお話、なかなか楽しいですね。ドリーちゃんお手製のパイなんていかにもありそうな光景ですね。
子供のはなしも妙にリアルでよいですね。
今夜も続きが見られるとよいですね・・・・

投稿: たいちょ~ | 2008/01/23 10:17

こんにちは。
ナマでサラエヴァを御覧になられたのですね。
実に羨ましい。
それはそうとロレッタ・リンって、まだ生きてたんですね。(勝手に殺すな!)

投稿: Alex Kid | 2008/01/23 13:40

Alex Kidさん こんにちは
はい、生サラは、美しかったです。
惚れなおしました。

残念ながら照明の関係で写真がイマイチになってしまいましたが、またコンサートなどに行ってじっくりと拝みたいな~と思います。

ロレッタは二年ほど前に自宅で倒れて死にかけたそうですが、今回見た感じではまだまだイケマス!という感じでした。さすが炭鉱夫の娘。いや~、すばらし~です。

投稿: たいちょ~ | 2008/01/24 11:51

このCDが手元に届きましたが
聴いてみると実によい仕上がりです。オススメです。

しかしながら録音自体は1月20日に録音されたものは使われておらず、20日のイベントは結局テレビ用だったということがわかりました。
まぁ2週間でCDができるのか?という疑問がありましたのでやはりなぁ・・・という感じです。
主催者側の真意(良い録音ができれば採用する意思があった?)は不明ですが、CDにしますよという説明は不正確でCD宣伝を兼ねたテレビ放映用に録りますよという説明が結果的に正しいと思われます。
ま、しかし非常に良いイベントであったので文句は言いません。はい。

投稿: たいちょ~ | 2008/02/11 02:12

このときサラ・エバンスの美しさに磨きがかかったと言いましたが、People誌によるとJay Baker(ジェイ・ベーカー:元アラバマ大学QB)と婚約したそうです。
お付き合いは去年のサンクスギビング前に始まったそうです。(サラの正式離婚は9月)
ジェイはアラバマ州バーミングハムでラジオの番組をもっており、サラがゲストとして何度か出演したのがきっかけのようのです。
いや~、やはり恋は女を美しくするのですね・・・

投稿: たいちょ~ | 2008/05/19 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HOW GREAT THOU ART:

« Colbie Caillat - Coco | トップページ | Maren Morris - All that it takes »