« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/10

Taylor Swift の新譜

先日少し触れましたが、今年の11月にリリース予定のTaylor Swift(テイラー・スイフト)の新譜、今までのような焼き直しではなく正真正銘のニューアルバムの情報が彼女のウェブサイトに載っています。

アルバムのタイトルは「FEARLESS」で11月11日にリリース予定です。
テイラーの作、または共作による全13トラックで、プロデュースもNathan Chapmanとのコプロデュース(つまりテイラー自身もプロデュースに参加)。
同アルバムからの先行シングルは9月初旬にラジオでオンエアー予定です。

またアルバムには、NBCの北京オリンピックの放送に使用されている「Change」(iTunesでダウンロード可)や、Colbie Caillatとのコラボレーション「Breathe」そして昨年の秋にNYCで行われたCountry Music Hall of Fameのイベントで披露された、胸を刺すような大人のバラッド「Fifteen」が含まれます。

8月22日からhttp://www.thetaylornation.com/で先行受付を開始。
なんとそこではアルバムアートワークに自分の写真を載せることができるユニークな特典が!アルバムにはレザーブレスレットの付いた、スペシャルデラックスボックスセットも登場予定です。

待ちに待ってたアルバムが、コレクティブルなオマケ満載。いや~ほんと商売上手です。

しかし肝心なのは中身です。
今やカントリーのスーパースターとなったテイラーの成長ぶりが楽しみな一枚であることは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーグラスなチラシ2008秋

アメリカ南部では学校も始まり
気温も下がり始めそろそろ秋かな~・・・
という感じですが

Bill Monroe Homeplace からJerusalem Ridge Bluegrass Celebrationの案内が届きました。

ブルーグラスの生誕地で毎年開催されるこのブルーグラスフェスティバル、今年は10月2日~5日の開催です。スペシャルゲストにRalph Stanleyが招かれています。

この手のフェスティバルではみなさん泊まり込みで楽しむのが一般的。4日間通し券は80ドルです。 詳しくは主催者のサイトで・・・

Jerusalemr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/05

2008 Nashville Star

いや~気付けばNashville Star(ナッシュビルスター)今日(8月4日)がフィナーレでした。
バタバタしている間に、まったくレポートしていませんでした~

6シーズン目となる今年からNBCで放送され(以前はUSAネットワーク)会場も以前のWild Horse SaloonからAcuff Theatreへ変更となりました。

参加者も4万人に達していたそうで、カントリースターになりたい人はたくさんいるようです。
私個人的にはフレッシュなLaura & Sophieという女子高生デュオに注目しておりましたが、安定感がなくて途中で落っこちてしまいました。
では最終日まで残っていたのは誰?

Shawn MayerGabe GraciaMelissa Lawsonの3人でした。

いや~なんというか小粒です。
これがポピュラリティコンテストの限界でしょうか・・・。
ブッシュが大統領になった国です、いやテイラー・ヒッグスがアメリカンアイドルになった国です。一般投票ってやはり本物のスターを発掘するには問題があるのでしょう。

この3人の中からスターを選べというのは酷かな?
でも実力からして、頑張るお母ちゃん=Melissaかな~、、、と思っていたら
やっぱりMelissaでした。

実はShawnが先におこっちてGabeとMelissaが残ったのですが、この2人はともにヒスパニック系だそうで、初のヒスパニック系ナッシュビルスターの誕生となりました。
MelissaはWarner Brosレコードとの契約、トヨタ タンドラ(ピックアップトラック)と北京オリンピックでパフォーマンスをする機会が約束されています。
さすがオリンピックの権利を持つNBCです。

なお、このあとファイナリストたちは全米ツアーを回るそうです。なんだかアメリカンアイドルそっくりですな。

しかし、この番組、3大ネットワーク進出を果たしたものの、いまひとつの感があります。
来年も継続するのか・・・?
とにかくMelissa(メリッサ)には頑張ってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »