« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/20

Kristy Lee Cook - Why Wait

今年のアメリカンアイドルでひときわカントリー色を放っていた、Kristy Lee Cook(クリスティ・リー・クック)のメジャーデビューアルバムです。

一度はArista Nashvilleと契約していたものの結局デビューできなかった彼女の待ちに待った一作です、自然と期待してしまいますね~。

早速CDを聴いてみるとなんというかですね~
魅力がない。
もともと先輩Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)のように歌がとびきり上手いわけではないし、声に魅力があるとも言えないのですが、だからこそ表現力を発揮するべきなのに・・・なんだか、ふつ~にアッサリと唄い上げているのです。
例えば最終トラック、私、こんなにアッサリとしたGod Bless The USAを聴いたことがありません。全然盛り上がらない。これって国歌に匹敵する歌ですから、こんなに盛り上がらないのはオドロキです。いや、かえって新鮮なのか・・・?

こういうのが良いという向きもお有りかと思いますが、ワタクシ的にはちょいと物足りませんです。制作者側は良かれと思っているのでしょうがどうも裏目に出ていて、味わいがない。

一方で好印象のトラックもないことはない。
でも全体として腰を落ち着けて聴きたい作品ではありません。

彼女のポテンシャルはこんなものではないはず。
本作は急ぎすぎて出したような感じがあります。
次回はWhy Wait(なぜ待つの?)ではなく、(プロデューサーも替えて)じっくりと練りあげていただいた方がよいかな・・・

Klc

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/09/19

パソコンでピュアに音楽を聴く方法

最近かなり音楽のダウンロード販売が普及してきて
ダウンロードでないと手に入らない音源もあります。

しかしパソコンやiPodで再生しても気持ちよく楽しめる音質とは言えません。
せめてCDなみの音質でないと、パッケージ商品であるCDと同じ価格でダウンロード音楽を購入した場合に、なんだか損した気分になります。

なにか良い解決策はないものかと思っていましたところ、USB接続のDAコンバータ(DAC)なるものがあることを発見しました。
要するにパソコンの音声をUSBでデジタル出力し、それをDACでアナログ変換、そのアナログ出力をオーディオにつなぐことでパソコンの性能に依存せずにピュアな音を楽しめるというものです。

ま、しかしオーディオ専門店など無いアメリカのド田舎で手に入るのは通販で扱っている商品くらいですからあまり選択の余地がありません。
Amazon.comで扱っていたのはただの一機種、PS AudioのDigital Link III(以下DL3)というものだけでした。試しに買うにはちょいと高価な995ドルでしたが、ウェブ上の評判も良いようでしたので、気付けば注文ボタンをクリックしてました。

このDL3はオプティカル、コアキシャルそしてUSBの三種類の入力が選択でき、サンプリング周波数は96kHzと192kHzが選択可能です。つまりCDやパソコンのデジタルオーディオ出力を192kHzでアップサンプリング可能なわけです。日頃CDの再生音にも不満があったので、これはパソコンとCDの同時音質アップができそうです。

思いのほか早く配達されたDL3は意外とコンパクト、でも中身はしっかりとした電源が入っているようでずっしりと重たい。PS Audioはオーディオ用電源機器にも力をいれているだけに納得です。

早速、CD再生音を聴いてみようと、DVDプレーヤDVD-2910にオプティカルケーブルで接続(我が家ではCD再生にDVDプレーヤーを使用)、音声出力は2CHステレオでXLR接続も付いているのですが、我が家のアンプ側が対応していないのでRCAでアンプに接続します。
DL3は入力信号を自動検知して電源が入ります。入力も切り替えは自動。青い高輝度発光ダイオードのインジケータがOpticalとサンプリング周波数96kHzを示します。サンプリング周波数はパネルのボタンで切り替え可能ですので192kHzに切り替えました。

手近にあったCarrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)のCarnival Rideをかけてみました。
お~なんということでしょう。今までの再生装置ではちょっと騒々しい感じがあった彼女の声がそんな騒々しさを感じさせず、実に魅力的に聞こえるではないですか。音の温かさがあるというか、艶が増したというか、とにかく明確な違いを感じられました。
木下ちゃん好きになっちゃいました~

さて、DACの性能がわかったところで、それではパソコン再生も試してみましょう。
USBケーブルを使ってパソコンに接続すると、パソコンが自動的にDL3を認識してセットアップ完了。Windows Vistaの標準ドライバで動くみたいです。
Windows側のサンプリング周波数設定は48kHzが上限のようです。
USBケーブルはあまり選択の余地がなかったのですが一応金メッキのものを使用しました。

iTunesを立ち上げて再生すると、なんとパソコンとは思えない音が・・・
歪が少なく、立体感、暖かさを感じさせる、厚みのある音、心地よいです。
DL3で再生するCDの音にはやや劣るものの普通のCDプレーヤーよりかなり良い音がしています。これならピュアオーディオの上流側として使えるかもしれません。
しばらくAlison Krauss(アリソン・クラウス)を聴いてうっとり・・・
MP3もポテンシャルとしてはそこそこ高かったのね・・・・

次にブルーレイプレーヤーBDP-S1にコアキシャルケーブルで接続してリリースされたばかりのSpeed Racerを鑑賞。
いや~これがまたよかった。我が家には5.1CHシステムが無いので音はもともと2.1CHで聴くのですがサラウンドの良さは味わえないもののセリフ、音楽や効果音が実に気持ちよく聞こえてきます。

ちなみに電源は入力信号が無くなると自動で切れます。したがって本体正面には電源スイッチがありません。入力切り替えも、電源ON/OFFも自動なので、リモコンはありませんが基本的に触る必要はありません。

というわけで、実に手間いらずでパソコンを音源に本格的な音楽再生が楽しめる本機のようなUSB接続DACは、ダウンロード音楽の音質に不満をお持ちの皆様にお勧めです。今後は価格面でも下がってくるのでしょうね。

Dl3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/14

最近聴いたCD 2008秋

いや~CDを聴いてもこちらにアップする時間がなくてですね、いけません。
以前は世界最速日本語レビューなんて言ってたのですがねぇ

さて
本日ご紹介させていただくのは、一気に5枚です。
よくもまぁここまでサボったものです。

まずは
SugarLand - Love on the Inside [Deluxe Fan Edition]
実力派人気デュオSugarLand(シュガーランド)の3作目はデラックスエディションとスタンダードエディションの2種類が選べるのですが、デラックス版はボーナストラックが5トラックも入っているので当然こちらを選択することになります。
前作Enjoy the RideはKristen Hall(クリステン・ホール)おばちゃんの脱退が影響したのか、楽曲がどれも凡庸な感があり、私個人的には気に入らなかったのですが、本作はついにおばちゃんを乗り越えたようです。すばらしい。
私オススメいたします。
デラックスエディションにしかないボーナストラックにはLittle Big Town、Jake OwenとのライブLife in A Northan Townなどうれしい音源が・・・このライブは昨年あたりからカントリービデオで流れておりました。
というわけでオススメです。

Sugarland3

Rebecca Lynn Howard - no rules
ソングライターとしても有名なレベッカ・リン・ハワードの久々のアルバムは驚きの仕上がり。
歌唱力のある彼女がカントリーロックフレーバーを効かせた心地よい仕上がりになっています。
いや~これもオススメ。

Rebbecalh

Jessica Simpson - Do You Know
ご存じジェシカ・シンプソンのカントリー転向アルバム。
先日憧れのOpryデビューを果たしたジェシカ、
彼女はもともとカントリー大好きだったようで
いつかはカントリーと思っていたのでしょう。
そういやドリー・パートンのKennedy Center Honourではアリソン・クラウス、シャナイア・トウェインとならんでパフォーマンス・・・
のはずが、歌を2回も間違えて結局TV放送ではカットされてましたっけ。
カントリーフレーバーたっぷりの映画Dukes of Hazzardではセクシーな従妹の役で登場。ウイリー・ネルソンとも共演してました。
さてアルバムはそれなりのカントリーアルバムに仕上がっています。
とびきり歌が上手いとか、声が魅力的とかではないのですが、聞きやすい仕上がりで、これなら彼女のファンをカントリーファンに引きずり込んでくれそう・・・?
最終トラックのタイトルソングはドリー・パートンとの共演。大好きなドリーちゃんとの共演に舞い上がっていたことでしょう。ちなみにこのアルバム、DVD付きのスペシャル版もありまして、PV「Come On Over」やその撮影風景、インタビューなどが収録されています。ジェシカファンならこちらを選択しましょう。

Jsimpson

Crystal Shawanda - Dawn of a New Day
彼女クリスタル・シャワンダはジェシカ・シンプソンと同じ日にOpryデビューを果たしたカナダ出身のネイティブアメリカン
アルバムタイトルは彼女のOjibwe族のファミリーネームを英訳したものだとか
ハスキーな声でポップな、ときにしっとりとしたカントリーを聴かせてくれます。

Crystals

Patty Loveless - Sleepless Nights
パティ・ラブレスがカントリーの名曲を歌います。
Martina McBrideのTimelessに似た企画です。
パティもジェシカ・シンプソンと同じ日にOpryに登場しておりまして、このアルバムの中から何曲か披露していました。会場のカントリーファンからは大絶賛をあびていました。
全編パティ節が炸裂しております。
いや~カントリーっていいな~
と気持ちが暖かくなる一枚です。

Pattyl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

Stand Up 2 Cancer

Stand up to cancer(癌に立ち上がれ)という番組が先週金曜日9月5日アメリカ三大ネットワークで放送されました。

この番組は癌の早期発見や治療法開発の推進のために募金を呼びかけるものです。
オープニングアクトは、自らも乳がんを克服したキャンサーサーバイバーSheryl Crow(シェリル・クロウ)がJames Taylor(ジェームズ・テイラー)とデュエット。

しかし、この番組、一時間枠で募金の呼びかけがメインでしたから、大物アーティストが出演した割には音楽の割合は非常に少なかったのです。

Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)やMiley Cyrus(マイリー・サイラス)、Mariah Carey(マライア・キャリー)、Rihanna(リアーナ)、Beyonce(ビヨンセ)など超大物女性スターたちはなんとNYのステージで一緒にJust Stand Upを歌っただけでおしまい。
ちなみにこの歌はiTunesで配信されているそうです。

エンディングにはSugarLandがでてきました。

しかしみなさん。
癌という病気は他人事ではありません。
私自身、家族が癌を患い一緒に戦ったことがあります。

とくに化学療法は非常につらい治療です。
ごく一部の癌細胞を攻撃するために健康な部分も大きなダメージを受けます。
乗り越えるには非常に強い意志と家族の支えが必要です。
あの過酷な化学療法の代わりに癌細胞だけを攻撃する方法が開発されることを強く望みます。

また、早期発見であれば生還する確率が非常に高くなります。
ステージが進む前に発見し治療することこそが絶対に必要なのです。

というわけでみなさん、
健康診断は欠かさないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

CMAアワードノミネート

CMAアワードのノミニーが発表されています。
Kenny Chesneyが7つノミネートとか言ってますが
このアワードよくもまぁ飽きもせず毎年同じメンツをノミネートできますな~

ま、しかしです注目は女性ボーカルです。
アリソンちゃんにミランダちゃんにマルちゃんにマグロちゃんそしてキャリー木下(アンダーウッド)ちゃん。
いや~豪華です。
私の勝手な予想ではマグロちゃんか木下ちゃん

あとですね
謎のカテゴリー、ニューアーティスト
なんでジェーソンが今頃ノミネートされてるの??

そんなわけで主要ノミニーをご紹介。

~Entertainer of the Year~
Kenny Chesney
Brad Paisley
George Strait
Sugarland
Keith Urban
う~ん常連さん。。

~Female Vocalist~
Alison Krauss
Miranda Lambert
Martina McBride
Taylor Swift
Carrie Underwood
アリソンちゃん毎回ノミネートのみね~っと、、

~Male Vocalist~
Kenny Chesney
Alan Jackson
Brad Paisley
George Strait
Keith Urban
あ~ほんと常連さん

~New Artist~
Jason Aldean
Rodney Atkins
Lady Antebellum
James Otto
Kellie Pickler
ジェーソンは新人なのか??
本命はレディAかジェームズ・オットーかな?

~Vocal Group~
Eagles
Emerson Drive
Lady Antebellum
Little Big Town
Rascal Flatts
やっぱりラスカルが持ってくの?

~Vocal Duo~
Big & Rich
Brooks & Dunn
Montgomery Gentry
Sugarland
The Wreckers
え?今頃レッカーズが・・・

というわけで本番は11月12日ABC系にて放送です。
おたのしみに~、、

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/09/08

Jessica Simpson Opryに登場

いや~
8月の後半は無茶苦茶忙しくて気付けば9月になってしまいました。

さて9月の話題はJessica Simpson(ジェシカ・シンプソン)でスタート
9月9日、ニューアルバムDo You Knowをリリース予定のジェシカが、9月6日Grand Ole Opryデビューを果たしました。

カントリーの本場Nashville、しかも伝統あるOpryへの出演に本人も緊張気味
TV放送のオープニングアクトとしてCome On Overを歌い終え、会場の温かい拍手を浴びると少しほっとしたようでした。

番組の合間にファンと交流したり、この日登場していたレジェンドLorreta Lynn(ロレッタ・リン)の写真を舞台そでから楽しそうに撮ったり、初めてのOpryを楽しんていた様子でした。

番組の後半にも再び登場しニューアルバムからのセカンドシングルとなるRemember Thatを披露。
でも彼女はどうも本番に弱いようで声が出ていない感じでした。
アルバムの出来が気になるところですがいよいよ今週火曜にリリースです。

Jsimpson

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »