« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009/03/28

帰去来

突然ですが、お知らせがあります。
私、このたび帰国することになりました。
思い起こせば7年前、2002年にこの地に降り立ってあまりの田舎ぶりに驚いた日から
あっという間に時が過ぎました。
いろいろなことがありました。

アメリカンフードのおかげで体重が20ポンドほど増えました。
私の旧友たちは私のことを見ても気づかないでしょう。
歩かなくなったので腰痛になりました。整体に行きました。
アメリカの整体は保険がおります。ブルネット美人の先生にバキッとやられて1回10ドル。気持ちよかったです。
虫歯になりました。親知らずを抜きました。完璧な麻酔で痛みゼロ。驚きです。
アメリカの医療に感謝です。

南部訛りの英語が聞けるようになりました。
ひとの良い南部の人たちに感謝です。

私は典型的日本人駐在員ではありませんでした。
残業は大嫌い。
ゴルフはしない。
カントリーミュージックを聴く。

そう、カントリー
カントリーとの出会いは赴任した直後、FMラジオから流れてきたJo Dee Messinaの歌に脳天を直撃されたことに始まります。
日本には全く紹介されない素晴らしい音楽がそこにありました。
それからちょこちょことCDを購入しては聴くようになりました。
いちばんはまったのは、やはりAlison Kraussですね。天使の歌声は何度聞いても良い!

このブログを立ち上げたのは2005年
元々は日ごろの生活で出会うアメリカ南部の田舎の文化を紹介するつもりだったのですが
気づけばカントリーミュージック紹介ブログになってました。
とくに現地ならではの情報発信ができるように努めました。
カントリースターたちに会える、生で彼らの演奏が聴けるというチャンスはナッシュビルが近いというこのロケーションならでは。
またスターではなくてもアメリカ人の血液の中に流れる音楽に触れる機会がたくさんある。
そういう機会にはなるべく足を運び、レポートするように心がけました。
仕事があるのでそうそうは行けませんでしたが・・・
私の大好きなAlison Kraussに何度も会えた(と言っても一方通行です)のは幸運でした。
自称、生アリソン・クラウスを最もたくさん聴いた日本人・・・です。

昔からそれほど音楽を聴いていなかった私が、音楽ブログなどとはなんとも不相応な感じですが、
多くの方に訪問していただきました。こんな更新も不定期なサイトですが気づけば10万ヒットを超えていました。
コメントも多数いただきました。ありがとうございます。
コメントはなくても定期的に来ていただく常連さんも数多くいらっしゃいます。感謝しています。

アメリカを離れ日本に戻ることにそれほど問題はないのですが
カントリーミュージックが遠くなってしまうのは残念です。

今後のこのブログのあり方に関して
まだどうするのかわかりません。
閉鎖はしませんが、独自の現地情報が紹介できなくなるので
ちょっと面白さが減るかと思います。

いままでお付き合いありがとうございました。
そして今後ともよろしくお願いします。

Friends,

I have kind of sad news for you.
I have to tell you that I am leaving US and going back to Japan.

It's been 7 years since I got here in Kentucky. So, time flies.
I was surprised that here is too much country than I was thinking.

I experienced many things.
I got 20 pounds of fat.
My old friends may not recognize me.

I'm not a typical Japanese. I don't play golf. I don't like overtime. I listen to country music.
Yes, I'm gonna miss coutry music so much. But, I'm gonna miss y'all more than that.
I really enjoyed my stay here in Bright Sunny South.
I really appreciate your extended thoughtfulness to me and my family.
I will never forget it.

Thank you. Thank you. Thank you.

Now I am leaving.
World economy situation is still very bad.
I understand that we still need big effort to survive.
But, I am sure we will survive.
Please remember, the darkest hour is always just before the dawn.

Godspeed

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/03/23

Marcy Jo'sへ行ってきた

Joey+RoryのJoeyが義理の妹(つまりRoryの妹)Marcyと開いているお店がここMarcy Jo's Mealhouseです。
ナッシュビルから南へI-65を1時間近く走ったColumbiaという田舎町にある小さなカントリースタイルのレストランです。

Mjos

1890年代の古いお店を改装して作られたかわいらしいレストラン。
実はJOESさんの書き込みによるとJoeyは今でも店に出ることがあるということなので、私もJoeyに会えるかもという期待を込めて訪れました。しかし残念ながらJoeyはいませんでした。でもMarcyさんが愛想よく迎えてくれました。

カントリーレストランは朝食と昼食の時間に営業するのが一般的。ここもその例にもれず朝7時~午後2時の営業です。私はランチタイムに行きました。
平日は日替わりのランチメニューが早くてオトク。
ここのメニューは典型的な南部の家庭料理(メインの肉料理に付け合わせの豆や野菜というスタイル)なのですが、カントリーにしては塩分控えめで健康的です。
日替わりスープ+サンドイッチを頼むとボリュームたっぷりで、農家のオジサンたちも大満足。なかなか良いです。
Joeyが焼いているというパンはやや甘め。
デザートも充実してます。ただし日本人がイメージするおしゃれなデザートなわけはなく、当然のことながらカントリー風です。私も名前は忘れましたがコーンをベースにしたケーキをいただきました、見た目も味も素朴で美味しかった。

このお店では雑貨やJoey+RoryのCDやTシャツなども販売しています。Joeyの幻のアルバムEnough To Cryもレジの脇に並んでいました。

このお店は本当にカントリーらしい美味しいカントリー料理を味わえる良いお店。
Joeyがいる、いないに関係なく訪れてみたいお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/22

CMTに潜入!!

CMTといえば現在のカントリーミュージックに無くてはならない存在です。
私もいつもCMTの番組を楽しんでいます。
そのCMTの内部を見学させていただくことができました。

CMTの内部は一般には公開されていませんが私の知り合いのご家族がなんとCMT Radioのプロデューサーということで今回特別に内部を案内してくださいました。

Cmt1

これがCMTのビル、ナッシュビルのダウンタウンCommerce Streetの330番地にあります。
はい、CMTの番組Studio 330はこの番地からとったのですね。

内部に入るといわゆるカントリーのイメージとは違いかなり洗練されています。
CMTはカントリー専門のTV局ですからスタジオはたくさんありません。
Top 20 Count Downのスタジオを見せていただきましたがTVで見るよりかなり狭いです。

Cmt2_2

スタジオの近くにはスターたちの控え室があります。
ここでスター達はくつろぐわけです・・・

Cmt4_2 

こちらはCMTの顔Lance SmithとKatie Cookの部屋です。

Cmt5

スタジオ以外の部屋にはDollyやJohnnyなどスターの名前が付いていたり
廊下の壁にはスターたちのサインなどが飾られています。
こちらはStudio 330 Sessionsの出演者のサインです。

Cmt6

また、スタジオのあるフロアとは別のフロアにはウェブサイトを管理する部署があって30人のスタッフがいるそうです。さすがナンバーワン カントリーサイトですね。

Cmt3

こちらがCMT Radioのスタジオです。
放送は、ここから一旦ニューヨークへ送られそこから全米60局へ配信されています。
ここにスター達が座ってお話するわけですね~
そう思うだけで盛り上がってしまいます。

興奮のCMTツアーは、他にもいろいろ見せていただいたのですが紹介しきれませんのでこんなところで・・・

ちなみに、CMT Radioはこちらから・・・

Click to start listening to CMT Radio.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/17

Paul Simon And Friends - The Library of Congress Gershwin Prize for Popular Song

このブログのタイトルはPaul Simon(ポール・サイモン)の50 Ways To Leave Your Lover~恋人と別れる50の方法からいただいていますが、そんなポール・サイモン先生とAlison Krauss(アリソン・クラウス)を同時に味わえてしまう。オトクなDVDが発売されます。

Paul Simon And Friends: The Library of Congress Gershwin Prize for Popular SongというタイトルのこのDVD、じつは全米PBS系で放送された同名番組のDVD化です。

2007年、ポール・サイモンがGershwin Prizeを受賞したことを讃えるためにAlison Krauss, Stevie Wonder, Lyle Lovett, Ladysmith Black Mambazo, Marc Anthony, Art Garfunkelら超大物ミュージシャンがワシントンに集まったものです。

このThe greatest night of popular music ever presented in our nation's capitalと銘打たれたガライベントがDVDになっての登場というわけです。

アリソンはThe BoxerとGracelandをJerry Douglasとともに演奏しています。
The BoxerはShawn Colvinがリードでアリソンはハーモニーを担当していますが、アリソンの美しいハーモニーにShawnがやや喰われ気味・・・でもなかなか良い感じ。
Gracelandはアリソンが美しくしっとりと歌っています。
Lyle Lovettの50 Ways To Leave Your Loverは味があってとっても良い感じ。
James TaylorのStill Crazy After All These Yearsもジェームズ風味になってました。
後半にArt Garfunkelが登場してBridge Over Troubled Waterを演奏。Simon & Garfunkelの復活です。しかし、二人とも老けたの~、、、
Paul Simon、Stevie Wonder と the Dixie HummingbirdsでのLoves Me Like A Rockで会場は大盛り上がり。

以下がトラックリストです。

Introduction - Bob Costas
50 Ways To Leave Your Lover - Lyle Lovett
The Boxer - Alison Krauss, Shawn Colvin and Jerry Douglas
Mother And Child Reunion - Stephen Marley
Under African Skies - Miriam Makeba and Paul Simon
clip from Paul Simon Graceland: The African Concert (Zimbabwe, 1987)
Homeless - Ladysmith Black Mambazo
Mrs. Robinson - Paul Simon
clip from Yankee Stadium tribute to Joe DiMaggio (April 25, 1999)
Slip Slidin' Away - James Taylor and the Dixie Hummingbirds
Sunday Morning With The Sensational Nightingales (poem) - Billy Collins and the Dixie Hummingbirds
That Was Your Mother - Buckwheat Zydeco and Lyle Lovett
Homeward Bound - Paul Simon and George Harrison clip from Saturday Night Live (November 20, 1976)
Still Crazy After All These Years - James Taylor
El Condor Pasa - Marc Anthony
Late In The Evening - Marc Anthony
Gone At Last - Yolanda Adams and Jessy Dixon
Something So Right - Dianne Reeves
The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy) -The Muppets (Grover and Elmo)
Graceland - Alison Krauss and Jerry Douglas
Diamonds On The Soles Of Her Shoes - Paul Simon and Ladysmith Black Mambazo
Bridge Over Troubled Water -Paul Simon and Art Garfunkel
Father And Daughter -Paul Simon
Me And Julio Down By The Schoolyard - Paul Simon and Stevie Wonder
Loves Me Like A Rock - Paul Simon and Stevie Wonder with the Dixie Hummingbirds
Sounds Of Silence - Philip Glass

しかし、このDVDは5月19日発売予定です。
はい、私はPBSの番組を見てこの記事を書いています。(DVDとは曲順が異なりますが)
Paul Simon先生のファンでなくても、聞き覚えのある名曲ばかり。
なかなかよいですぞ~
今しばらくのご辛抱を~、、、

Pauls

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/03/16

ベスト・オブ・アリソン・クラウス~ア・ハンドレッド・マイルズ・オア・モア

いや~アリソンファンの私としたことが
日本の事情に疎いとはいえ、Alison Krauss(アリソン・クラウス)の日本盤CDが発売になることを知りませんでした。

その名も「ベスト・オブ・アリソン・クラウス~ア・ハンドレッド・マイルズ・オア・モア」で3月18日発売です。
題名から察する通りA Hundred Miles or More: A Collectionのことです。

今年のグラミー賞で日本でも一躍注目を浴びたということで日本盤発売に踏み切ったレコード会社(ユニバーサル ミュージック)の英断に拍手を送りたいと思います。
しかし「ベスト・オブ」はないだろ~、、コンピレーションアルバムではあってもベスト集ではないのでこのアルバムで初アリソン・クラウスという方には誤解を与えてしまうかもしれません。。

でも私このアルバムぜひ手に入れてみたい。
ライナーノートに何と書いてあるのか見てみたい。
カントリーの場合歌詞もあまり付いていないのですが、これもどのような扱いになるのか見てみたい。

今Amazon.co.jpを見たら共演者の名前でBrad Paisley(ブラッド・ペイズリー)のことがブラッド・ペイズレーと書かれていてコケました。(ブラッドはズレてませんよ~)

というわけで興味を持たれた方、ぜひお買い上げを・・・。
(同タイトルのDVD日本盤も5月13日に発売予定です。)

Akhm_2

初アリソン・クラウス、ワタクシ的にはLonely Runs Both Ways やLiveあたりがオススメなんですがねぇ・・・

Lonelyruns

Live

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/15

Carrie Underwood - Home Sweet Home

今年はなかなかAmerican Idol(アメリカンアイドル)の話題を取り上げることができないのですが

3月18日のアメリカンアイドルにはCarrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)が登場予定です。
この週(17~18日)はGrand Ole Opry Weekと銘打っていまして、コンテスタントたちはOpryメンバーの名曲を歌う予定です。

キャリーはRandy Travis(ランディ・トラビス)と共にランディの名曲でただいまキャリーのカバーでヒット中のI Told You Soを歌う予定です。
ちなみにこの曲のプロモーションビデオは去年のOpryの舞台でキャリーが歌った時のものをそのまま使用していますが、最後にランディが登場してキャリーの歌を称えOpryメンバーに迎えたいと伝えるという感動的なものです。
Brad Paisley(ブラッド・ペイズリー)も登場してニューシングルThen,をTV初公開の予定。

ところでアメリカンアイドルで落選してしまったコンテスタントを送る曲をキャリーが歌っています。
曲名はHome Sweet Home、Mötley Crüeの名曲のカバーです。
この曲は先週3月11日から使用されています。
ただいま3月16日までiTunesで独占販売中。その後は各ダウンロード販売サイトで購入可能になるとのこと。
この曲の売り上げの一部はThe Humane Society of the United States(動物保護団体)に寄付されるそうです。

私もダウンロードしましたがなかなか良い感じです。
まさに番組を去る敗者に向けて送る先輩キャリーからのメッセージですね。

Carrieuhsh

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »